由緒・御祭神

 

由 緒
仁寿3年(853年)、慈覚大師円仁の開基。
円仁師が諸国回国のみぎりこの社に詣で、八森山滝の下清浄にして山色冷澄なるを感じ参籠し、かかる瀑水は世に比類なく霊地なりとして不動尊の尊形を彫刻され、瀑の北方岩上に安置し国土安全を祈願されたのが創建とされ、中古秋田城之介の崇敬篤く社領の寄進等があった。
はじめ神仏習合のための不動社と称されたが明治に至り白瀑神社と改め、同 5年郷社に列せられる。
近世には菅江真澄が当社に二度も参り滞在し、滝の絵を残している。

 

 

御祭神
火産霊神(ほむすびのかみ)――――――――――火の神様(家内安全)
埴山姫神(はにやまひめのかみ)――――――――農耕の神様(五穀豊穣)
天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)――――万物の神様
大山積神(おおやまつみのかみ)――――――――山の神様
建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)――武勇の神様
羽黒大神(はぐろのおおかみ)―――――――――